プロペシアで脱毛症を治療したい

 

 

男性型脱毛症というのは思春期以降に発症をするということでよく知られています。
統計的に見ると30代前後に発症をすることが多いようですが、実際には思春期が終わりにさしかかる10代後半から抜け毛が増加する方も多いのです。

 

また、現在では男性型脱毛症自体は発症していなくても、両親、親類に男性型脱毛症を発症していれば少しでも早く予防策を講じていきたいものです。
この男性型脱毛症の治療において欠かせないのがプロペシアです。

 

このプロペシアは未成年に対しては処方してもらうことができません。
プロペシアには年齢制限があって、誰でも好きなように処方できるかといえばそうではありません。

 

成人の男性だけが服用することができますので、医療機関においては処方されません。
というのも、プロペシアにはフィナステリドが含まれています。

 

このフィナステリドというのは男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変換されることを予防できます。
このジヒドロテストステロンなのですが抜け毛に影響を与えるのはもちろん、生殖期の形成においても影響を受けるリスクもあります。
場合によっては生殖期の形成が十分に行われない可能性もありますので、このような作用についても覚えておきましょう。