AGAって?プロペシアで改善できるの?

 

 

AGAというのは男性の薄毛の原因としてその大半を占めているものです。
この男性の薄毛の主な原因となっているAGAは、思春期以降であれば誰でも発症する可能性があるのです。
AGAは進行系の脱毛になりますので、少しずつ時間をかけて進行していき、最終的には側頭部や後頭部を残して脱毛状態になるのです。

 

AGAの発生原因というのははっきりとは分かっていませんが、対策の1つとしてプロペシアが有効であるということは分かっています。
AGAにおける脱毛メカニズムというのは、男性ホルモンと深い関係性があります。

 

男性ホルモンのテストステロンというのは、ある特定の酵素と結びつくことでジヒドロテストステロンに変換されるようになります。
このジヒドロテストステロンは毛母細胞に対して悪影響を与えているのです。

 

プロペシアに含まれているフィナステリドは、このジヒドロテストステロンが作られるのを阻害する、という効果があります。
それがAGA治療薬として効果を期待することができるんですよ。

 

プロペシアは脱毛が起こる原因自体をシャットアウトすることができますので毛母細胞が活性化して本来あるべき元気な髪の毛に戻っていくようになります。

 

薄毛の症状が出てきたのであれば、少しでも早くプロペシアで治療を開始するようにしましょう。