プロペシアのリスク

 

プロペシアは男性型脱毛症の治療薬として高い効果がありますが、副作用というリスクもあります。その代表的なものとして性機能の低下があります。勃起不全、性欲減退、精子の減少といったものです。これは男性にとってリスクが大きいですが、この副作用の症状が現れるのは全体の5%未満とされています。他にも下痢、腹痛、頭痛などの症状が現れる事があります。他にも発毛の効果が毛髪だけでは無く体全体に現れてしまうといった例もあります。またプロペシアには肝機能が低下している方の服用は禁止という禁忌があり、重篤な副作用を起こす可能性があります。
もともとプロペシアの主成分であるフィナステリドは発毛・育毛の為の薬では無く前立腺肥大に対する薬として開発された物で発毛・育毛の効果はその副作用でしかありません。このフィナステリドは男性ホルモンを抑制する効果があるので男性ホルモンの異常によりおこる男性型脱毛症にも効果があるという事です。この男性ホルモンを抑制するという事のリスクには前述の他にも肥満や女性化という副作用の原因となり得るという事もあります。筋肉がつきにくくなり、食事の量が同じでも脂肪が消費しづらくなってしまうというケースもあります。